hinemosu-ヒネモス-

MENU

9月。

こんにちは、櫻井です。
気付いたらもう9月になってしまってますね!(ヒエッ)
いつの間にか蝉の声が消えてしまってさみしいです。
『匣庭』最終回の載ったLaLaDXはまだ今月も発売中ですので、宜しければお手元に一冊…!(ちゃっかり宣伝)


近況ですが…先月は描き下ろし作業を行ってまして、合間に読切ネームも描いたのですが、
没にしてしまいました。

没ネーム2017

ファンタジー…面倒くさいけどやっぱり好きです。
自分で没にするのはすごく久々です…。読切ってむずかしいですね!

今は新しいものを準備しつつ単行本作業も引き続き行っています。
思ったよりやらなければならないことが多く、先生方は一体どうやって連載をしながらやっているのだろう…!?
と改めてプロの先生方の凄まじさを感じています。精進しなければなりませんね。


ちなみに単行本修正の箇所をとりあえずピックアップしてみたらえらいことになりました。

刷り出し単行本修正

実際にはこんなに直ってはいないのですが、雑誌を買って下さっていた方はどこが直ったのか探してみても面白いかもしれません。


何だかんだで連載が終わったらやろうと思っていた特大パズルにも手を延ばせていないので、
引き続き巻いて頑張ります!
季節の変わり目で体調もむずかしいですが、皆さまもどうぞご自愛ください。+゜*。

櫻井緋子

『匣庭』最終回掲載!


こんにちは、櫻井です。

匣庭完成!

8月10日発売LaLaDX9月号に
『匣庭』 最終回「令息は南の海で跳ぶ」
が掲載されました。
無事全4回を終え、最終回を迎えることができました!


匣庭1話

LaLaDXで読んで下さった皆さま、制作に関わって下さった編集さん方、家族、友人…
本当にありがとうございました!

今回の連載は企画だったこともあって、
提案されたお話やキャラクター達を私なりにどう表現したらいいのか、相当苦しみました。
書き直して描き直して悩み抜いて…
それでもペンを走らせた時間は本当にかけがえのないものでした。

しばらくは連載という形はお休みさせて頂くことになりますが、
今は匣庭で得ることができたたくさんの欠片をぎゅっと凝縮してもっともっとパワーアップして、
新作をお届けできたらと思っています。
作品で少しでも読んで下さった方の気持ちが上に向いたり楽しくなってもらえたらうれしいです…!

また、私事になりますが、
この連載中にデビューからずっと担当して下さっていた2代目担当さんが異動になりました。
意見をぶつけ合いながらずっと一緒に走ってきて、『匣庭』描いてみない?と声を掛けて下さったのも担当さんでした。
私は決して成長が早い方ではなく、自分でもそれが悔しくて悩んでいる時も、じっと待っていて下さいました。
本当に感謝です。
匣庭を一緒に作って下さったそのほかの方々も本当にありがとうございました。
そして…

一番支えになってくださったのは読者の方々です。
読んで頂いて感想を頂けること、それが本当に本当にうれしく、漫画を描いていく力になります。
これからも未熟ながらも精一杯描いていきたいと思いますので、
どうか応援のほど宜しくお願い致します!!
次こんな話読んでみたいな!というものがありましたら、お気軽に編集部にご意見ぜひお寄せください^^

:レターあて先
〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町2-2-2
白泉社 月刊ララ編集部 櫻井緋子


長くなってしまったので…!今日はこの辺で…。
ありがたいことにコミックスを出して頂けるようなのですが、
まだ情報が私の手元にもないので、お知らせできるようになったら改めてアナウンスさせて頂きます。

本当に、ありがとうございました!


櫻井緋子

『匣庭』 第3話「花嫁は綿津見(わだつみ)に囚われる」

6月10日発売、LaLaDX7月号に掲載されております!

『匣庭』3話告知

早いものでもう3回目です。
今回は初の前後編の前編!(完結しないのでご注意を。)

初の前後編にして水着回でした。
婚約者的な人も出てくるので何か色々盛りだくさんです^^
今までゲストキャラは女性キャラが多かったんですけども、
男描きたいです、男にしましょう!と言い続けてようやく許してもらえました…笑
蓮くんは性格が悪いので割と気に入っています。

さて、作画では今回は海とヤシが多くてですね…
私は気付きました。
どうして参考にしてた漫画の海にヤシが生えていないのか…。それは――…
空のトーンを椰子の葉っぱ型に抜くのがめちゃくちゃ面倒臭いのです…!!

このご時世にアナログ仕上げをしている身としてはかなりの苦行でした…
最後は結構投げやりに?なってましたが、
今回は人生で初めて人物が出てこない見開きをやれたので満足です。


あと今回は作画中に一日だけお休みを作って遠出してみました。
こいのぼりが綺麗で…!

GW

気付いたら連載が始まってからはほぼ隔月でプチ旅行してます。
描いている間はほぼ家から出ないので反動が…笑
そろそろ普段から運動しなければやばい気がしてきました。

さて、次回は後編です。集大成として気合入れ直して描きます…!
何卒よしなに。


櫻井緋子

『匣庭』 第2話「人形は哀情の涙を流す」


本日4月10日発売、LaLaDX5月号に掲載されております。

匣庭2話

1話完結なので第2話からでも問題なく読めます。
気になる気になる方は覗いてもらえたらうれしいです!

今回のお話は日本人形やドール人形がわんさか出てくるのですが、
お人形達一つ一つ描いておりますので、ぜひご覧頂ければ。
駆け出しの新人なのでオールセルフ作業でお届けしております。頑張ります…

あと作中で真里絵ちゃんが「私の趣味で着物になった」と言っていますが、
正確には男子を着物にしたのは私の趣味です。(どん!)
和服は男の子も女の子も大好きです。

第1話はとにかくいっぱいいっぱいだったので、内容も作画も一体どう終えたのか正直記憶が曖昧でした。
今回で少し余裕を持って作品に向き合うことができたように思います。
3人もとてもスムーズに楽しくしゃべるようになってくれたので、次回どのような面白い絡みを見せてくれるのか…
私自身も楽しみにしています。


あとおまけですが、今回も印刷のインクの色がかぶりませんでした。

刷り出し2016~2017

ここまでくるとコンプリートしたくなってきたので…笑
3話も精一杯描かせて頂きます!(そのモチベーションはどうなんだ)
何卒よしなに。


櫻井緋子

新連載はじまりました。『匣庭(はこにわ)』

本日2月10日発売のLaLaDX3月号より
新連載『匣庭(はこにわ)』
始まりました。

匣庭1話扉絵

第1話は「蜘蛛は小鳥の夢を喰む」というサブタイトルです。意味深ですね!
あらすじは、超セレブの幼なじみ三人組が、事件に巻き込まれたりするゆるめのミステリー?ドタバタ?です。
大体そんな感じで…1話の舞台は洋館になります。
現代モノではありますが、ファンタジーに近い非日常感は味わえると思うので、雰囲気楽しんで頂けたら幸いです。
編集さんに「蜘蛛キーアイテムでいきましょう!」と言われた時は蜘蛛なんか描けないよ!と震えていましたが、何とかなりました…頑張りました。虫は描き慣れないので難しいですね。
とりあえずメイン二人男の子が出てくるのでそこは頑張りました。(あの薔薇トーンを使う日が来るとは…)
ナルシスト男子やインテリ眼鏡男子は掲載作では描いていないので新鮮に思って頂けたらうれしいです。
主人公はちょっと抜けてるけど…めちゃくちゃ元気ですね。(笑)
今まで描かなかったタイプの子なので自分でもこれからどう動いてくれるのか楽しみでもあります。

初めての連載です。
正直作画でいっぱいいっぱいでして、かなり編集さんのお力を借りておりますが(特にストーリー…)、そもそもファンタジーではない時点で右腕を封印したまま左手で描くみたいな状況なんですが^^;、描き切る頃には何かしら掴めていたらいいなと試行錯誤の日々です。
一年後にしっかり成長していますように…!(切実に)

そして今回、このような連載のお話を頂けたのも、読者様含め色んな方々のおかげだとひしひし感じております。
少しでも楽しんで頂けるように、持てる力振り絞って描いていきたいと思っておりますので、
しばらくの間どうぞよろしくお願い致します!


櫻井緋子